華麗にコロリン

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > アニメ > マクロス7

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.01.15 Fri マクロス7

2連休をほぼマクロスに費やした。
49話一気にみたので感想でも書こうかと。
ネタバレもあるので続きの方で。

最終的にとても熱くて好きなんだけど、どうもダメな点に目が行ってしまうのは良くないね(´・ω・`)
さすがに15年以上前の作品。
昔のアニメだなぁと思ってしまうと同時に、マクロスFと見比べた時の技術の進歩に驚く。
とは言っても、同時期のマクロスプラスと比べて粗いと感じるのは
4クールという長い放映期間とか予算とかモニョモニョした大人の事情なのかな。
マクロスシリーズを通してある作風の違い(プラスは洋画風とかゼロは神話風とか)にもよるところはあるのだろうけど。

4クールということもあってか、テンポは良いとは言えない。
特にマイナー時代から、デビュー、ヒットとなるまで、
またサウンドフォースとしてプロトデビルンと戦う(表現はあってないが)までが長く
途中で見ることを挫折してしまっても仕方ないと思うくらい。

レックスとかビリーとかサブエピソード的な話は最近のアニメでは少ないので
いいと思うか、テンポの妨げになるか微妙なところ。
レックスはなくて良いと思ったけど、ビリーの話は、下積みからの期間が感じられて良いと思った。
バンパイア騒動、フォールドで迷子、シビル復活まで、の件はもっと短くいいなーと感じた。
ジャミングバードは全くなくていいや。

BGMという概念がなく、作中の曲は人が歌っていたり、メディアから流れている
ものである点は作り手のこだわりが感じずにはいられない。

ただライブシーンがクネクネしているだけだったり、折角の新曲がなんの盛り上がりもなく
流れてきたり、と言うのはちょっぴり残念。
その点は、スパロボでの演出を先にみているから感じるのかもしれない。
寺Pのマクロスの使い方が如何に上手かったか感じた。

戦闘はSEEDも真っ青のバンクの嵐。
もっとサンダーボルトを活躍させて!

また、死亡フラグのお手本のような作品でもある。
フィジカは一般的な死亡フラグ、金龍はマクロスにおける死亡フラグ。
そういえば、レイと金龍のからみが全く無いのは残念。



いやー好きなんだけど、好きなポイントが上手くまとめられないよ。
熱いです(・∀・)
どうにかライブシーンだけでもマクロスFクオリティで作ってくれんもんかのー

興味はあるけど49話全部見るのは難しいって人はスパロボで話を追う方がオススメ!
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。